家の査定

住宅ローンの返済がつらくて、家の売却を検討している場合は

住宅ローンの支払いがつらい」このような状態で、家の売却を検討している場合は、一般の不動産屋に査定をお願いしても、しっかりした見積もりは出せません。
住宅ローンが残っていて、金融機関等との交渉や短い期間での売却は、一般の不動産屋では対応できません。

 

 

資産家などとのネットワークを持っている業者でなければ、短期間に買い手を見つけて金融機関との交渉を成立させることができないからです。
住宅ローンが残っていない状態での売却とはちょっと違うのです。
ですから、住宅ローンが残っている場合は、任意売却の専門家に相談してください。

任意売却の流れ

任意売却とは、債務者がローンを支払えなくなった場合に、債権者(金融機関・保証会社・サービサー等)の合意のもとで所有者の意志に基づいて適正価格にて自宅などの不動産を売却することです。

 

競売の場合は所有者の意志には関係なく強制的に売却処分されますが、「任意売却」は所有者の任意な意志で売買をするのです。
この基本的な考えを理解した上で、任意売却の流れを簡潔に表現すれば以下の通りです。

 

(1) 住宅ローンの返済が滞る

 

(2) 住宅ローンの一括支払い請求を受取る

 

(3) 保証会社がローン支払い者に代わり支払う

 

(4) 個人信用情報へ事故情報登録(通称ブラックリストに記載)

 

(5) 所有者が「任意売却」ないしは「競売」のどちらの方法にするか決断をする
決断するためには弁護士や司法書士など法律的判断を下せる人に相談する。

 

(6) 相談した人が債権者に任意売却の同意を取り付ける

 

(7) 任意売却の同意を得たならば不動産仲介業者に販売の依頼をする

 

(8) 買主決定

 

(9) 引越しをして売却物件を引き渡す(交渉次第で賃料を支払う事で継続入居可)

 

(10) 買主による売買代金の支払い(返済)