家の査定│債務整理は自分でもできる?

債務整理は自分でもできる?

もし今、あなたがローンやクレジットの支払いに限界を感じているなら、債務整理がお勧めです。

 

債務整理というと「自己破産」のイメージが強いですね。しかし、実際にはいくつか種類があり、適したものを選ぶことで、破産に至らず債務や返済の縮小をすることができます。

 


種類によって、自分で行うことができるものと、弁護士さん、司法書士さんなど専門家を頼んだ方が良いものがあります。

 

実際にはどんな方法があるのか?見ていきましょう。

 

・自己破産
債務者である個人が自分で裁判所に破産申立をする破産事件のこと。究極的な債務整理。債務を全額払わないで済ませる同時廃止事件と(こちらの方が多い)、管財人事件があります。手続きそのものも難しく、専門家に依頼する方が望ましい。返済の可能性がほとんど見込めないときに行われます。

 

・民事再生
自営業者等を対象にした小規模個人再生と、給与所得者等再生の2種類があります。債務の一部を3年ほどで払うことで、残りを免除してもらうというもので、一定収入が見込める人が利用できます。手続きを行うことで、「借金が「残額の五分の一または100万円の多い方」に縮小できます。

 

・特定調停
簡易裁判所で、債務者と債権者の間に調停委員が入って返済金額、返済方法、利息の調整を行うものです。主に消費者金融との取引に活用されています。申請は本人でも可能です。

 

・任意整理
裁判所を介さない交渉によって、返済方法や利息、返済回数を調整するものです。債務者本人が行うほか、専門家に代理交渉してもらう方法もあります。

 

このほか、不動産ローンに限って行われる方法として、任意売却、リースアンドセールバックが、消費者金融からの借入で一定の条件に当てはまるものに限り、過払い金請求も債務整理の1種と考えられます。最近話題のおまとめローンも、自分でできる債務整理の1種と言うことができます。