家の査定│数年前に借りたキャッシングは債務整理できる?

数年前に借りたキャッシングは債務整理できる?

数年前というのが、利息制限法の見直しの前ならばその当時の利息は、かなり高かったので借りては、返済を繰り返しているうちに利息の過払いが元本を超えていて、債務整理を行えば残額がゼロになる可能性があります。

 

消費者金融などは、破産や債務整理などの貸し倒しのリスクがあるので利息制限以上の利息を設定し、そのリスクに備えるのが一般的でした。

 

その為、現在の利息制限法が設定される前までは20%前後の金利をとる業者が多かったので、過払いが生じるようになったのです。

 

では、利息制限法以降に借りていたお金なら債務整理を行っても意味はないのか?

 

確かに、現在の設定利息は15%〜18%の金融会社がほとんどなので過払いによる、元本の減額は期待することはできません。

 

しかし、債務整理を行うことにより金利をゼロ、もしくは大幅に下げることができるようになるので月々の返済金額は、現在と比べてかなり低くなり返済のプランは立てやすくなります。

 

一番、危険なのは将来的な完済プランが見えないまま、借り入れと返済を繰り返していくことです。

 

返済が厳しくて、将来的に完済のプランを立てることができないようであれば一日も早く専門家に相談、債務整理をすることをおすすめします。