家の査定│債務整理の返済ができなくなったら?

債務整理の返済ができなくなったら?

任意整理や特定調停などの債務整理を行うと、債権者(お金を貸した側)とは和解契約が結ばれます。その後は、3年ほどの期間で、借りたお金の元本だけを毎月分割で払っていく、という形となることが多いです。

 

 

しかし、この3年間の返済期間中に、もしも予期せぬアクシデントで返済が滞る、といった事態が起こった場合、いったいどうなってしまうのでしょうか?

 

多くの場合、仮に返済が滞ったとしても、「2回までは待つ」といった条件が付されていることが通例のようです。

 

また、例え月遅れでも2回分までは、御目こぼしがあるようで、3回分以上の遅延が無ければとにかく返済を続けている以上は、払う意思ありとしてすぐさま強硬な手段をとる債権者は少ないといわれています。とはいえ、遅れていることは望ましい事ではないので、なんとか、月遅れを解消できるようであれば、その方法をとるべきですし、それが難しい場合でも、連絡は入れておくようにしておく必要はあります。

返済できない事態が起こった場合はどうなる?

会社の倒産、ご本人の病気、事故などの事情によって、長期にわたって、返済が出来そうもないような事態が起こった場合はどうでしょうか?

 

この場合は、ご本人に今後、返済を続けて行けなくなる事態が発生した、ということですから、自己破産や個人再生などの方法で、改めて債務整理をやり直す、ということになります。それまでは、収入があって、返済を続けて行けたけれど、後になってのっぴきならないアクシデントで不可能になったということですから、任意整理の契約があっても、再度の債務整理が可能という判断がなされます。

 

この場合では、それまでの返済状況が良好なほど、破産や個人再生が認められやすい傾向があるようです。つまり、どちらにしても、なるべく真面目に返済を続けることが大切、ということですね。