家の査定│任意売却のタイミング

任意売却のタイミング

いきなり結論から述べますが、毎月のローンの支払いが厳しくなったら任意売却を検討すべきです。

 

しかし、多くの人が次のような気持ちに支配されることでしょう。

 

「せっかく手に入れたものを簡単に手放したくない」
「今まで支払ったローンがもったいない」
これは当然の主張だと言えます。

 

もちろん、このあと生活が立て直され、ローン完済の道が見えたのであれば言うことはありませんが、なかなか先が見えずに迷走することも多いようです。

 

そこで、今回は任意売却のタイミングについて考えてみます。

 

そもそもローンは債権者(主に金融機関)に返済するものです。
つまり、債権者があなたの現状をどう判断しているか、あなたにどう対応してきているかが重要なのです。

 

極論を言えば、債権者がローン返済を何も言わず待ってくれるとしたら問題にはなりません。
しかし、債権者が「返済できないなら売却してでも金を作ってもらう」と言い出したら大問題です。

 

あなたにとっては大切な自宅でも、債権者にとってはただの商品でしかありません。
そして忘れてはならないのは、債権者にとって競売にかけることは損益にはならないということです。

 

例えば、3,000万円のローンの内、1,000万円は支払ったものの競売にかけられたとします。
債権者は残り2,000万円を手にしなければ損をしてしまいますが、競売の時に2,000万円で売却する必要はないのです。
仮に800万円で売却されたとしましょう。
債権者はこの800万円を手にしますが、不足の1,200万円はあなたが返済し続けることになるのです。

 

債権者が強権発動で競売にかけたとしたら、あなたは自宅を失い借金だけが残ることになってしまいます。
よって、少しでも高く売却し、自分の借金を減らしたいと思うのであれば、早期決断が肝心です。

 

遅くとも、債権者から売却を促すアプローチ(具体的な話、パンフレットや手紙の送付など)があったら即行動に移すことが望ましいと言えるでしょう。