家の査定│任意売却をするメリット

任意売却のメリット

任意売却とは一般的に住宅購入資金のローンの支払いができずに、売却する一つの方法です。

 

一つの方法と言いながら、普通に売却する方法はローンを順調に支払えている場合の売却手段で、ローンの支払いができなくなった状況では既に選択し難い手段です。

 

 

残る売却の手段は「任意売却」と「競売」の二つです。

 

以下に、「競売」と比較して「任意売却」のメリットを述べます。

 

メリット1 ローン支払い困難などの「知られたくない事情」を知られる可能性が低く、競売による方法よりも一般的に高値で売却できます。

 

メリット2 新聞に「競売物件」などのようにイメージの良くない広告を回避できます。

 

メリット3 売却事情が知られる可能性が低く、売却後も同じ町、地域に住んでも辱めがなく子供達は同じ学校に通学できます。

 

メリット4 売却額から引越し費用、売却のための費用(不動産仲介業者に支払う仲介手数料、登記料、等)を支払うことができて、生活の立て直しの負担が軽減されます。

 

以上が「競売」に比較して「任意売却」による主なメリットです。