家の査定│住宅ローンの滞納をして執行官が来る

住宅ローンを滞納して執行官が来るまでの期間

競売手続きが申し立てられた場合に、不動産の状況等の調査や入札手続きをするのが執行官です。

 

 

よって、住宅ローンを滞納して執行官が不動産の状況等の調査に来るまでの期間について記述します。

 

住宅ローンを滞納すると銀行ないしはローン会社から督促状が住宅ローンの名義人に届きます。

 

それでも支払いが行われない場合は銀行ないしはローン会社は保証会社に債権を移管します。

 

移管を受け入れた保証会社は債権額を債権者に支払(代位弁済)をする一方で、裁判所に競売申し立てをします。

 

住宅ローンの支払いが滞ってからここまで(競売申し立て)に普通で6ケ月から9ケ月間といあわれています。

 

銀行ないしはローン会社そして保証会社の手続きによって3ケ月間位の相違があります。

 

裁判所に競売申し立てがなされたならば、裁判所は住宅ローン名義人に「競売開始決定通知」を発送します。

 

又競売申し立てを受理してから2週間程度で執行官・評価人(不動産鑑定士)により現況調査が実施されます。

 

現況調査とは住宅を訪問して、住宅の所有あるいは賃貸などをしてる場合は賃借人の聴取をおこない、写真撮影なども実施します。

 

以上のように住宅ローンを滞納してから執行官が来るまでは早くて3ケ月と2週間で、遅くても6ケ月と2週間と言われています。