家の査定│専門業者と一般業者との違いとは?

任意売却専門業者と一般不動産業者との違いとは?

任意売却とは、住宅ローンが払えなくなった時に、担保物である不動産を売却して返済に充てることで、残債を完済または縮小する方法です。

 

つまり、「自宅を売却して、住宅ローンに充てる」ということですが、この売却手続きを専門的に行っているのが、任意売却専門業者と呼ばれる人たちです。不動産業者さんが多いですが、中には弁護士さんや司法書士さんのほか、ブローカーが仲介人となったりするケースもあります。

 

では、任意売却専門業者と、一般の不動産屋さんでは、どこが違うのでしょうか?

 

任意売却では、不動産に設定されている債権者の担保を解除してもらう必要があります。本来なら裁判所による強制競売で残った借金を回収するべきところですが、手間と時間、そして回収できそうな金額が大幅に少なくなってしまうことから、「仕方ない、協力してあげるから、少しでも高く売ってくれ」というのが任意売却です。

 

これを成立させるためには、債権者である銀行、ノンバンク側と、丁寧な交渉を行って協力を取り付け、更にできる限り高値で買い取ってくれる相手を探し出して、短期間で売買を成立させなくてはなりません。抵当権、担保、強制競売などについて精通しており、また、訳あり物件を売りさばくルートも持っている必要があります。高度な手法である、リースアンドセールバックなどになると、専門業者でなければ扱うことが難しいでしょう。

 

一般の不動産業者さんが扱う不動産は、売りたい人が売りたいときに売却するという状況です。価格は、その地方の相場に大きく左右されます。任意売却とは、全く、売買の基本的な要素が違います。そのため、「任意売却を扱った経験ゼロ」という不動産屋さんも実在します。